銀行カードローンの賢い選び方とは?

高額の借り入れを希望するなら、他行との金利差をチェック!

銀行カードローンという融資サービスは、たいていの銀行で提供されています。

 

どの銀行も、流通系のカードローンや消費者金融より金利が安くなっていますが、銀行選びにおいて重要なチェックポイントがあります。

 

それは、自分が希望する借り入れ額の金利が一番安い銀行を見つけることです。

 

例として、100万円の借り入れをする場合で、みずほ銀行カードローンとオリックス銀行カードローンの金利を比較してみましょう。

 

・オリックス銀行の年利・・・14.8%
・みずほ銀行カードローンの年利・・・12.0%

 

これが500万円の借り入れになると、

 

・オリックス銀行の年利・・・5.8%
・みずほ銀行カードローンの年利・・・5.0%

 

いかがでしょうか。同じ銀行カードローンでもこれだけの金利差が出ています。

 

金利差は支払い利息に直結

言うまでもないことですが、金利が安ければ支払い利息の額に影響します。

 

上記のように、借り入れ額が少ない時は金利差が大きく、借り入れ額が大きくなると金利差は小さくなります。

 

しかし、金利差が少なくても元本が多ければ、利息そのものが大きくなるので、やはり0.8%の差は大きくなります。

 

上記の500万を6年で返すと仮定すると、

 

・オリックス銀行の支払い利息・・・93万2千円
・みずほ銀行カードローンの利息・・・79万7千円

 

このように、10万円以上も差が出てきます。

 

カードローン審査が通りやすい銀行でも、こうした金利差は設定されているので、ホームページでしっかりと確認しましょう。

銀行カードローン選ぶには?賢い借入れ方解説【どのローン会社が良い?】関連ページ

審査基準・金利はどう?
【金利が低いだけじゃない?】消費者金融と比べると圧倒的な低金利で知られる銀行カードローン。低金利以外にもメリットがあるって本当?使い勝手はどう?銀行カードローンの特徴を調査しました。
銀行のメリット・デメリットは?
審査が厳しいと噂の銀行カードローンですが、実は審査が通りやすいことをご存知ですか?ここでは、消費者金融にはないメリット、デメリットを徹底調査して分かりやすくご紹介しています。

このページの先頭へ戻る