銀行カードローンのメリット、デメリットとは?

金利が安く高額借り入れが可能

金融会社からの借り入れを検討している人なら、できるだけ金利が低い会社を選びたいはずですね。

 

借り入れ額が多くなれば、当然のことながら支払い利息は多くなってしまうので、元本と合わせた毎月の支払額も高額になってしまい、支払いが大変になってしまいます。

 

クレジットカードや消費者金融のカードローンは、最高金利が18.0%前後となっていますが、銀行カードローンの金利はそれよりも3〜4%も低く設定されています。

 

このように、借り入れ金額が少ないうちは支払い利息の差は少ないですが、50万、100万と借り入れ額が多くなるにつれて、その差はとんでもない額になっていきます。

 

この点は、銀行カードローンにしかないかなり大きなメリットだと言えます。

 

銀行カードローンの審査は厳しいので、カードローン審査が通りやすいと思っていない方もいると思いますが、基本的な審査基準をクリアしていれば、希望通りの借り入れができたという人が多いです。

 

審査のことはあまり気にせず、まずは申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

 

返済管理をしっかりする必要あり!

銀行カードローンは金利が安いといっても、借り入れ前にしっかりとした返済計画を立てておかないと、途中で返済が立ち行かなくなってしまいます。

 

この点はプレッシャーとなるので、銀行カードローンのデメリットとも言える側面ですが、自分の給料、今後のライフプランを考えて必要以上の借り入れをしなければ、快適なマネーライフに変わりますよ。

 

もう一つ、銀行カードローンは借り入れ額が多くなればなるほど、審査に時間がかかってしまうというデメリットもあります。

 

この点に関しては銀行も慎重にならざるを得ないので、致し方ないですね。

銀行カードローンのメリット&デメリットを徹底調査!【審査は厳しい?】関連ページ

審査基準・金利はどう?
【金利が低いだけじゃない?】消費者金融と比べると圧倒的な低金利で知られる銀行カードローン。低金利以外にもメリットがあるって本当?使い勝手はどう?銀行カードローンの特徴を調査しました。
銀行カードローンの選び方は?
【金利差で選ぶ】どの銀行も低金利で融資を行っている銀行カードローン。どこで借り入れると一番お得?比較ポイントはやっぱり金利差?あなたに合った銀行カードローンの選び方をご紹介しています。

このページの先頭へ戻る