カードローン審査が通りやすいのは?【銀行とクレジットカードを比較】

手軽さならクレジットカード

借り入れをしようと考えた時、その選択肢はいろいろと出てくると思います。

 

そんな時、一番手軽で精神的なプレッシャーもない金融会社は、クレジットカードではないでしょうか。

 

クレジットカードはショッピングでも重宝しますし、インターネットショッピングでは必須のツールとなっています。

 

そして、クレジットカードに付加されていることが多いキャッシング機能は、コンビニエンスストアのATMなどで手軽に借り入れができて、請求はショッピング代金の請求と一緒に来るので、手軽さはダントツです!

 

しかし、問題となるのは金利の高さです。

 

クレジットカード利用者の話を聞いてみると、意外にもキャッシングの利率を把握していない人が多いことに驚きます。

 

クレジットカードのキャッシングの年利はたいていの場合18%という高い利率になっており、消費者金融と変わらないのです。

 

これに対して銀行カードローンは金利が安いので、クレジットカードと同じ借り入れをした時では3〜4%も差が出ます。

 

カードローン審査が通りやすいのはクレジットカードですが、他社からの借り入れ額が少ない方だったら、審査が厳しい銀行カードローンから借り入れができている方も多いので、銀行カードローンを強くおすすめします。

 

高額の借り入れなら、銀行カードローンが圧倒的に有利

最近では、クレジットカード会社が高額ローンの貸し出しサービスや、おまとめローンといった、まとまった額の融資をするようになりました。

 

しかし、こちらも金利面で比較してみると、借り入れ額が多くなればなるほど銀行カードローンのほうが支払い利息が少なくなり、場合によっては100万円ぐらいの差が出ることも…。

 

年収、他社からの借り入れ状況にもよりますが、借り入れをするのなら銀行カードローンのほうが絶対にお得です。

 

もし、いま現在クレジットカードで相当額のキャッシングを利用している方は、銀行カードローンに申し込んでそのキャッシング残高を完済することをおすすめします。

【銀行カードVSクレジット】審査が通りやすいのは?【違いを徹底比較】記事一覧

意外に融通が利かないクレジットカードショッピングにクレジットカードは欠かせませんよね。インターネットショッピングでは、クレジットカード決済が一番便利ですし、ポイントもたまるという楽しみもあります。キャッシングもコンビニエンスストアのATMで簡単にできますし、返済はショッピング分と毎月決まった日に銀行から引き落とされて、返済管理も楽です。でも、あなたが意外と気が付いていないのが、キャッシング機能の使...
年収が高い人は迷わず銀行カードローンを貸金業法という法律では、個人への融資を年収の3分の1までに制限しています。これを「総量規制」といいますが、消費者金融やクレジットカード、流通系のカードローンなどが対象になります。これに対して銀行カードローンは、この総量規制の対象にならないので、銀行の審査基準を満たしている人であれば積極的に借り入れに応じてくれます。さらに、500万、1,000万円という高額な融...

このページの先頭へ戻る