カードローン審査が通りやすいのは?【銀行と消費者金融を比較】

年収が高い人は迷わず銀行カードローンを

貸金業法という法律では、個人への融資を年収の3分の1までに制限しています。

 

これを「総量規制」といいますが、消費者金融やクレジットカード、流通系のカードローンなどが対象になります。

 

これに対して銀行カードローンは、この総量規制の対象にならないので、銀行の審査基準を満たしている人であれば積極的に借り入れに応じてくれます。

 

さらに、500万、1,000万円という高額な融資をしているのが銀行の特徴で、まとまったお金が必要になった時に非常に頼りになります。

 

たとえば、年収1,000万円の人が500万円の融資をカードローン審査が通りやすい消費者金融に頼んでも総量規制の対象になるので、審査に通ることはありません。

 

でも、総量規制の対象にならない銀行であれば、銀行が申し込み者に返済能力ありと判断した場合に借り入れが可能になります。

 

実際に年収800万で他社からの借り入れ額が200万円ぐらいある人でも、銀行から数百万円単位の借り入れができた、という人もいます。

 

銀行カードローンは、審査が厳しいというイメージが先行していますが、基準をクリアしている人にとっては絶対に利用するべき金融会社なんです。

 

少額借り入れで、審査を急ぐ場合は消費者金融!

これに対して消費金融は、少額の借り入れ審査に強みを持っています。

 

たいていの会社は最短審査に対応していますし、アコムのように「最短30分審査」で対応している会社もあります。

 

また、申し込む日によっては契約や借り入れも最短でできるので、こうした小回りが利くという点では消費者金融を利用するメリットが際立っています。

【銀行カードVS消費者金融カード】審査が甘いのは?【基準を徹底比較】関連ページ

消費者金融とクレジットカードを比較
消費者金融カードローンとクレジットカードのキャッシング機能って、何が違うの?と疑問に思っている方へ。ここでは、2つの違いを徹底分析!審査が通りやすい&使い勝手が良いのはどっち?

このページの先頭へ戻る