カードローン審査が通りやすい理由は収入と関係がある?

収入が高ければ、他社からの借り入れがあってもOK?

銀行カードローンは総量規制の影響を受けていないので、銀行の審査担当者が申し込み者に返済能力ありと判断したら、他社からの借り入れ額が多少多くても融資をするケースがあるようです。

 

とある人のケースでは、年収800万円で他社からの借り入れ額が200万円あっても、100万円の借り入れができました。

 

この200万円のうち、8割は車のローンで、残りはクレジットカードの利用分という内訳だったのですが、利用目的がはっきりしている借り入れの場合は、銀行も問題なしと判断しやすいのでしょう。

 

また、銀行カードローンでは、自行から借りる新たな借り入れをどんな目的に利用するかということもチェックしているようです。

 

その目的が合理的であること、たとえば他社からの借り入れ金の借り換えなどとなっていたら、審査はスムーズに進みそうです。

 

ただし、年収が低い人の場合は審査が通ったとしても利用限度額は低くならざるを得ません。

 

消費者金融は、総量規制の範囲で融資

銀行カードローンと違って、総量規制の範囲で融資を行なっている消費者金融は、収入と他社からの借り入れ額が基準内であれば、カードローン審査が通りやすい金融会社であると言えます。

 

ただし、高額の借り入れを希望する場合は、消費者金融のほうが不利になってきます。

 

たとえば、上記の例と同じく年収800万円の人が消費者金融から借り入れできる限度額は、その3分の1となるので、240万円となります。

 

他社からの借り入れがあれば、その額は差し引かれて計算されるので、100万円の既存借り入れがある場合は、140万円が融資可能額となります。

 

銀行カードローンであれば、もう少し多めに借り入れができそうですが、消費者金融の場合はこのように総量規制の影響が大きく出るため、カードローン審査が通りやすくても、希望借り入れ額に届かない場合が多いこともあります。

カードローン審査が通りやすい理由は高収入?【年収が低い場合は?】関連ページ

総量規制が関係する?
【審査と総量規制の関係】規制の対象により融資範囲が年収の3分の1以内となっている消費者金融カードローン。他社借入れがあっても審査は通りやすい?規制の対象外となるカードローンを徹底調査しました。
主婦は審査通る?
安定収入が無ければカードローンが作りにくくなった昨今。主婦でも審査が通りやすいカードローンがある?審査基準はどうなるの?安心して借入れできる会社を徹底調査してご紹介しています。
契約・派遣社員は審査通る?
安定収入があると言っても、契約社員や派遣社員はどうなの?と不安に思っている方へ、審査が通りやすいコツを徹底調査!勤続年数や仕事内容は関係する?審査落ちで後悔しなくない方はご覧ください。
学生・無職は審査通る?
生活費に学費に何かと物入りなのが学生生活。もしもの時はカードローン申し込みできる?学生は審査通りやすい?無職だと審査通過は難しい?審査がスムーズに通るコツを徹底調査しました。

このページの先頭へ戻る