カードローン審査が通りやすい理由は、総量規制が影響する?

消費者金融は総量規制の対象に!

ひと昔前の消費者金融は、利息制限法で定められた金利以上で融資をしていました。

 

そのため、利用者は高額の利息を払うことになり、このことが消費者金融のイメージを悪くしていました。

 

しかし、貸金業法が改正されてからは、すべての消費者金融会社やクレジットカード会社が法で定められた金利での融資に切り替え、融資する額も「総量規制」で決められた範囲内になっています。

 

その額とは、「個人の借り入れなら、年収の3分の1以内」となっており、これは1社からの借り入れ額ではなく、クレジットカード、流通系などすべてのカード会社からの借り入れ額の総額になっています。

 

したがって、消費者金融のカードローン審査が通りやすいかどうかの判断は、この基準が参考になります。

 

すでに、年収の3分の1以上を借り入れしていたら、審査が比較的甘いと噂される消費者金融でも新たな借り入れをすることはできません。

 

総量規制の対象外である銀行の審査は?

一方の銀行カードローンは、こうした総量規制の対象にはなっていません。

 

もちろん銀行の自動車ローン、住宅ローンなども同じです。とはいっても、銀行も他社からの借り入れ額の総額や件数などを、審査の基準に入れているのは確かです。

 

銀行カードローンの申し込みページには、これらを記入する項目がありますし、信用情報機関への問い合わせもしています。

 

こうしたことから分かるように、消費者金融、銀行カードローン共に、既存の借り入れ額は審査に大きく影響してきます。

カードローン審査どう?総量規制で審査通らない?【銀行は規制対象外?】関連ページ

収入・年収が関係する?
【収入高いと通りやすい?】基本的には収入が高い方は審査が通りやすいですが、年収が200万円以下であっても審査に通る方もいます。カードローン審査と収入の関係とは?徹底調査してご紹介しています。
主婦は審査通る?
安定収入が無ければカードローンが作りにくくなった昨今。主婦でも審査が通りやすいカードローンがある?審査基準はどうなるの?安心して借入れできる会社を徹底調査してご紹介しています。
契約・派遣社員は審査通る?
安定収入があると言っても、契約社員や派遣社員はどうなの?と不安に思っている方へ、審査が通りやすいコツを徹底調査!勤続年数や仕事内容は関係する?審査落ちで後悔しなくない方はご覧ください。
学生・無職は審査通る?
生活費に学費に何かと物入りなのが学生生活。もしもの時はカードローン申し込みできる?学生は審査通りやすい?無職だと審査通過は難しい?審査がスムーズに通るコツを徹底調査しました。

このページの先頭へ戻る